くり返し浮気する人。- その原因と対策 –

浮気症と呼ばれる人が存在します。浮気の同時進行、次々浮気相手をかえるなど、浮気ばかりしている人をパートナーに持つと悩みは絶えません。

浮気ばかりする人の中には、「ときめきを求める欲望が強い」という人や「回避依存症」という問題を抱えた人などがいます。

ここでは浮気ばかりする人の心理や、その対策についてまとめてみました。

 

くり返し浮気をする人の心理

世の中には浮気をくり返す人がいます。そんな人をパートナーに持つと苦労が絶えません。

 

世の中には浮気をくり返す人がいます。そんな人をパートナーに持つと苦労が絶えません。

別れさせ屋に依頼に来る人たちの中にも、旦那さんがしょっちゅう浮気をして他に子供を作ってしまった、彼氏が浮気ばかりしているので辛いなど、相手の浮気ぐせが原因で悩んでいる人がいます。

 

では、くり返し浮気をする人の心理はどうなっているのでしょうか?

 

いつもときめいていたい

 

まず「ときめいていたい」という欲望が強いと浮気性になります。このようなタイプの人は「真剣に浮気相手にのめり込む」というより、自分がときめいている状態が好きなのです。

一説によると恋愛がスタートしてときめきを感じられる期間は、半年から3年だそうです。つまり最初はすごく盛り上がっていても、3年もたてば恋人や夫婦間の「ドキドキ」「ウキウキ」という気持ちは消えてしまうのです。ただし一緒に過ごす時間が長くなれば、相手への信頼感や連帯感は強くなります。通常はこのような信頼感や連帯感が恋人関係や夫婦関係を支えます。

ときめきを追い求めて浮気する人は、一般的に若い人に多くみられます。信頼感や連帯感よりも、恋してウキウキとした状態に身を置きたいのです。

 

回避依存症が背景にある

 

子供のころ親子関係に問題があった人は、浮気をくり返すケースが多いようです。心理学的な分野になりますが、依存症の一種に「回避依存症」というのがあります。

回避依存症の人は、人と強い絆を結ぶことに対して不器用で、異性に対しても以下のような行動をしがちです。

  • 異性から愛されると戸惑い、どうしたらよいかわからず背を向ける
  • 自分に近づいてくる人を誰でも簡単に受け入れてしまう

 

男性では幼少に母親からの十分な愛を感じられないと、母親から満たされなかった愛情を求める心理が回避依存症につながるケースがあります。

また女性の回避依存症の原因には、父親に愛人がいた、ギャンブル狂いで母親に辛い思いをさせていた、父親から性的虐待を受けたなどで芽生えた心の奥にある父親(男性)への復習心があると言われています。

 

回避依存症の人は、深い関係を築くのにためらいがあります。理由は自分が傷つくのが怖いからです。だから複数の異性と同時進行で付き合い、誰かに捨てられても自分が傷つかないようにするのです。これは周囲から見れば「いつも浮気している軽い人間」ですが、実は本人は心の奥に深い問題を抱えているのです。

 

もし恋人や配偶者が心の奥に難しい問題を抱えているなら、表面的な問題解決ではなく、根本から問題を解決するために専門家のカウンセリングを受けた方が良いでしょう。

 

 

 浮気症な恋人や配偶者で悩んでいたら

 

浮気ばかりしている相手とは別れた方がいい」

友達や家族から忠告されても、相手のことが好きで別れられない。別れさせ屋には、このように恋人や配偶者を真剣に愛している人が依頼に訪れます。

恋愛とは複雑なものです。相手に問題があっても、その人と一緒にいたいと自分の苦労より相手への愛を優先させます。

 

別れさせ屋は、浮気をくり返すパートナーに悩む人を全力でサポートいたします。「浮気をする理由」の把握に努め、別れさせの成功を目指します。

 

 

別れさせ屋ができること

浮気性の人は、 「魅力的な工作員が近づいて誘惑する」 「浮気ばかりしていることをターゲットの浮気相手に知らせる 」など、別れさせ屋による別れさせ工作が有効です

浮気性の人は、

などの別れさせ工作が有効です。

しかし浮気性なので、ひとつの浮気を終わらせても新しい浮気へ走るのが問題です。

 

別れさせ屋では、次の浮気をさせないために依頼主の要望通りただ別れさせるだけではなく、浮気ばかりする原因を探りその対応策を考えます。

弊社では、ターゲットの心理解明のために綿密な調査を行い、心理の専門家に協力をお願いします。

依頼主の中によっては、ターゲットの浮気原因を知ると別れを選択する人もいます。しかし、ターゲットの「浮気ぐせ」を治したいと望む依頼主には、できる限り協力しております。

 

浮気ぐせの原因が、「ときめいていたい」というなら、依頼主がターゲットへ「ときめき」を与えられるシチュエーションを作ることも有効な対策になります。

例えば、

  • 魅力的にイメージチェンジする
  • 会う回数を減らしてちょっと緊張感のある関係を演出する
  • 異性の友達を増やして相手にちょっと危機感を与える

などの方法があります

 

また回避依存症が原因で浮気ばかりしている人には、心理カウンセラーの協力が有効な策となります。ただし問題は、浮気性の本人がカウンセリングを受けるかどうかです。

弊社では、ターゲットが心理カウンセラーに相談にいくような状況へ誘導する工作も可能です。何れにせよ依頼主とよく話し合いながら、何を目標とするか決めて行動していきます。

 

浮気ばかりしている相手を好きになってしまうと何かと苦労します。

しかしその苦労よりも相手への愛情が大きいなら、相手の浮気症に打ち勝つため行動を起こしましょう

弊社では、愛情に満ちた依頼主を全力でサポートします。

浮気症と呼ばれる人が存在します。浮気の同時進行、次々浮気相手をかえるなど、浮気ばかりしている人をパートナーに持つと悩みは絶えません。
浮気ばかりする人の中には、「ときめきを求める欲望が強い」という人や「回避依存症」という問題を抱えた人などがいます。
ここでは浮気ばかりする人の心理や、その対策についてまとめてみました。浮気ばかりしている相手を好きになってしまうと何かと苦労します。
しかしその苦労よりも相手への愛情が大きいなら、相手の浮気症に打ち勝つため行動を起こしましょう
別れさせ屋である弊社では、このように愛情に満ちた依頼主を全力でサポートします。